1764票で当選。本日「当選証書」をいただきました。

2015年4月30日 19時32分 | カテゴリー: 活動報告

本日30日、区役所でいただいた「当選証書」

4月26日に行われた中野区議会議員選挙で、1764票をいただき、34位で当選しました。定数42名に59名の立候補者、投票率は40.44%でした。

選挙戦ではまず、投票に行ってください、低投票率と政治への無関心、あきらめは、結局は自分たちの生活や地域にその結果がまわってきますということをお話ししましたが、前回の投票率40.22%とほぼ同じという結果に終わりました。

 

また、生活者ネットワークが一貫して言い続けてきた「大事なことは市民が決める」、このことが今程求められている時はないのではないでしょうかと訴えました。中野区役所、中野体育館の移転、中野サンプラザをどうするのかなど、計画されているこうした「大事なこと」に対して、区民への積極的な情報提供と区民が発言できる場が必要であること、さらに、原発と憲法、この命に関わる大事なことにも、足もとから国に対して声をあげていくことが大事ではないでしょうかと訴えました。

選挙が終わってからは、みなさまからいただいた1票1票の重みを自分なりに受け止めていますが、ネットのメンバーを始め、地域で一緒にまちづくりや脱原発などの活動をしてきた友人や仲間たちの応援で、28年間続けてきた中野・生活者ネットワークの活動を今後もつないでいくことができる新たなスタートラインに立てました。4年間がんばって参ります。