プロフィール

1962年、三重県員弁郡(現いなべ市)生まれ。1984年、日本福祉大学社会福祉学部第二部卒業。学童保育指導員などをしながら大学に通い、卒業後1985年〜86年まで、名古屋市の障がい児入所施設で生活指導員。1986年〜90年、中高年のケア付き住宅の企画・運営の仕事をしながら名古屋、大阪、東京を転住。1993年からは会報、書籍などの編集・製作に携わる。2007年に退職、以降はフリーランスで仕事を続けながら、2011年〜14年まで近隣図書館に勤務し、現在に至る。

 2005年、警察大学校等跡地(現・中野四季の都市)を防災公園にしようという市民運動に出会い、地域の環境を守り、災害に備えたまちにしたいと活動に加わる。

2007年、中野・生活者ネットワークに参加(広報担当)

311以降は中野区の友人たちとともに「東北支援・中野」を立ち上げ、被災地への物資支援、放射能の勉強会を開催した。

2012年からは「なかのアクション・福島子ども保養プロジェクト」に改称、放射線量の高い地域にくらす福島の子どもたちを春と夏、南房総市によんで外遊びをする保養キャンプを続けている。

2009年「ひめゆり」、2012年「サイエンティスト」(遺伝子組み換え食品の危険性)、2013年「原発の町を追われて 〜避難民・双葉町の記録」、2014年「標的の村」の上映会実行委員。

中野・生活者ネットワーク政策委員、中野・コンポスト連絡会会員、生活クラブ生協組合員。

中学1級、高校2級社会科教員免許。(高校での教育実習は現代社会。指導教官がとても柔軟な先生で、「教科書にこだわらないで、好きなことしていいよ」と言ってくれたので、沖縄戦と基地についての授業をしました。)

 趣味は映画鑑賞、まち歩き。

関連リンク

その他のリンクはこちら