政策

もっと中野を、好きになる

 ■もっと中野を、子育て・介護をしやすいまちに

  • すべての子どもの「育ち」「学び」「遊び」を保障する。
  • 学校給食の放射線量測定と情報の公開。
  • 介護保険改定後も、従来のサービスが受けられるようにする。
  • 子育て、介護、福祉、医療などについて十分な情報の提供と相談ができる窓口の充実。

 ■もっと中野を、防災力のあるまちにする

  • 学校再編後の跡地は、防災拠点として確保する。
  • 防災訓練、避難所運営に女性、子ども、高齢者、障がい者の視点を取り入れる。

 ■もっと中野を、市民の声が活きるまちに

  • 適切な情報公開と情報共有で、区政への市民参加を促す。
  • まちづくりは、市民が発言できる場を増やし、市民参画で進める。

 ■もっと中野を、若者が希望をもてるまちに

  • 困難を抱える若者に、相談から自立支援まで、トータルで切れ目のないサポート。
  • 就労、起業、住宅など、多様な支援のしくみをつくる。

 ■もっと中野を、持続可能なまちに

  • 緑化、雨水の地下浸透・循環利用を推進する。
  • 原発ゼロ、再生可能エネルギーへシフトする。

 ■もっと中野から、「平和」を発信

  • 大人も子どもも憲法を学ぶ機会をつくる。
  • 「憲法擁護・非核都市」宣言の精神を活かし、中野から暮らし、人権が守られる社会をつくる。